2013-01-27

Lecture 9 : アシッドフリーについて

そろそろアシッドフリーについても書きますね。

「スクラップブッキングはアシッドフリーの材料を使ってアルバムを作る」というのが永遠のテーマのごとく残っていますが、そもそも写真を劣化させたくなければデコレーションせず、空気に触れないように密封し、きちんと冷暗所に保管してください(*゚ー゚*)

酸を含まない(写真の劣化を防ぐ)というアシッドフリーの基準は各社曖昧です。
海外でも特に規定はないようです。

気になる方はご自分でpHの検査機器を買い、酸がどれくらいかを調べたらいいと思います。リトマス紙も簡単にネットで買えますので、液体ノリ、インク、絵の具等は自分で調べられます。調べた上で使っている人もいます。

ただ、そこまで気にするのであれば、スクラップブッキングするときは必ず手袋をする必要があると思います。人間は弱酸性です。手から出ている微量の汗で、大げさに言えば写真も紙も酸化し始めています∑(゚ω゚ノ)ノハンドクリームをつけたままSBをすれば・・・油も酸も香料もつきます。

どこまでアシッドフリーにこだわるか・・・ですが

私は まっっっっっっったく 気にしていません。

家事をしてハンドクリーム塗った後も、スクラップしてます(*-∀-)ゞ
安く手に入り、可愛く見えるレースペーパーアシッドフリーではないと聞きました。保管方法によっては黄変する可能性が高いようです。


USJで買った写真だって何年もつやら・・・
学校で買った写真、お友達からもらった写真など、”データもなくフィルムもなく、この世に1枚しかない写真”を劣化させたくないのであれば今すぐに100年台紙に収めてください。100年台紙は耐久性に優れ、台紙の黄ばみを抑えるそうです。

作った作品が今後どう変化&劣化していくかは、保管方法で大きく変わっていくと思います(*゚ー゚*)

instagram
http://instagram.com/tinklycricket_blog

twitter
https://twitter.com/tinklycricket

©Tinkly cricket. All rights reserved.Unless otherwise indicated, all materials on these pages are copyrighted by Tinkly cricket. All rights reserved.No part of these pages, either text or image may be used for any purpose other than personal use. Therefore, reproduction, modification, plagiarism or commercial use is strictly prohibited.The materials are not free-of-charge.無断転載禁止

キュレーションサイト(NEVERまとめ等)、バイラルメデイア(TwitterやFacebookからの流入が主体となっている引用をならべるメディアサイト)、まとめサイトなどでの使用についてはお断りいたします。これらのサイトなどでの無断使用を発見した場合、サイトの運営者に削除要求をしたうえで適正な使用料を請求します。まとめサイト等にコンテンツを転載したり、クリッピングなどに利用することは「著作権法違反」にあたります。